今月のめぐみっ子

 

平成25年12月

クリスマス会

 11月末からリースやサンタさんのお人形を廊下やお部屋に飾って、サンタさんがやってくるこの日を楽しみに待っていました。鈴の音と共に玄関に現れたサンタさんを、お当番さん達が出迎えました。「サンタさんがきた!」「プレゼントもっとる!」と大喜び。各クラス毎の歌や合奏をサンタさんに披露しました。そのあと、一人づつにプレゼントを手渡してもらい、みんなとても嬉しそうでした。

  お飾り作り

 3歳児~5歳児クラスが、ボランティアの先生にお正月のしめ縄飾りの作り方を教えてもらいました。3歳児クラスは、藁をしっかり押さえて、先生が縄を綯うのを手伝い、出来上がったしめ縄飾りに自分たちで作った飾りを付けました。4歳児と5歳児クラスは、友達と2人1組で協力して教え合って作り、仕上げに馬や扇などの飾りを付けて完成しました。このしめ縄飾りはお家で飾ったあと、1月15日に行う「とんど焼き」の日にまた持ってきてはやします。

もちつき

 園庭で火を起こし、せいろで蒸したもち米をみんなでつきました。始めに保護者や保育士が杵でつくのを子供たちは「よいしょ!よいしょ!」というかけ声や「もちつき」の歌を歌いながら見ました。その後、0歳児クラスから順に子供用の杵を補助してもらいながらお餅をつきました。また、カシオペア組さんは白菜の葉をちぎってお漬物を作りました。給食では、つきたてのお餅と前日に3歳児~5歳児クラスの子供たちが切った野菜が入った雑煮を、みんなで美味しくお腹いっぱい食べました。

年賀状

4歳児と5歳児クラスが、牛乳パックを再利用して手作り年賀はがきを作りました。
  ハガキは、 ①「牛乳パックを水に約三日間浸けておく」 ②「柔らかくなったパック紙を小さくちぎり、 それをミキサーにかけペースト状にする」 ③ 「②に水と糊を混ぜたものをハガキサイズの木枠ですいて、できたものを数日乾かす」 ④「出来上がったハガキにえんぴつで文字を書いたり芋判を押す」という手順で作りました。
  みんなで小さくちぎったパック紙がミキサーにかけられ、ドロドロのぺースト状になると「わぁー、どろどろになった!」と驚きの声が上がりました。水を加えて木枠ですき、それを数日乾かして出来上がった年賀はがきに、一人ひとりが丁寧に「あけまして、おめでとうございます」と文字をかき、芋判を押して、友達同士で送り合う素敵な年賀状が出来上がりました。12月24日に、元日に年賀状が届くのを楽しみにしながら、郵便ポストにみんなで投函しました。

≪11月のめぐみっ子 1月のめぐみっ子≫

今月の行事予定